紫金山登山 - 南京理工大学留学記・2011~2012

紫金山登山

概要:30日は聂(ニエ)先生の誘いで、他の留学生と一緒に紫金山登山。聂先生のボーイフレンド(アメリカ人)との会話が特に面白くて、コンピュータやゲーム、日本語の話などいろんな話をした。彼は過去に日本語も勉強していて、漢字に対する理解がかなり深かった

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2011年10月29日
GPSデータ:2011年10月29日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


ベトナムのお茶菓子
ベトナムのお茶菓子
同じ班の韓国人から頂いた。彼いわく「君甘いもの好きでしょ?、僕あんまり好きじゃないからコレあげる」。彼は中国人からもらったと言っていたが、もしかするとベトナム人→中国人→韓国人→日本人とリレーして来たのかもしれない。あまりにウマいので、自分で全部食べた
買った食べ物たち
買った食べ物たち
左は、ベビースターラーメンみたいな菓子。右下は電子レンジで作るポップコーン、右上はインスタントお粥
白馬公園
白馬公園
ここから紫金山登山に出発。ここに来るまでに、なぜか上海路に地下鉄で行って、バスに乗り換えるというかなりムダな事をしていた。う~ん、大学から315番バス一本で行けるんだが・・
遊歩道
遊歩道
公園から登山口まで遊歩道が続いている
途中の川
途中の川
聂先生と留学生たち
聂先生と留学生たち
登山口
登山口
左は聂先生、右のアメリカ人は先生のボーイフレンド
途中の展望台から見た南京市街
途中の展望台から見た南京市街
ここからさらに道が続く
ここからさらに道が続く
奥の岩を登っている人たちがいるが、別に岩を登らなくても上には上がれる
ここからさらに道が続く
ここからさらに道が続く
案内板
案内板
今いる所は、紫金山天文台のちょっと下
天文台前のレストランにて昼食
天文台前のレストランにて昼食
食べたのは牛ハンバーグステーキ。ちょっと高かったけど、かなりウマかった
中国科学院 紫金山天文台
中国科学院 紫金山天文台
天文台から山頂へ道が続く
天文台から山頂へ道が続く
福岡の宝満山と同じく、階段がかなり多い
途中から下界を見る
途中から下界を見る
山頂付近に到着
山頂付近に到着
実際の山頂はもうちょっと上。ココにはケーブルカーの山頂駅がある
山頂付近で賑わう人
山頂付近で賑わう人
遠くの塔は軍事用のアンテナ
山頂付近で賑わう人
山頂付近で賑わう人
山頂に到着!
山頂に到着!
高さは400mちょっと。思っていたよりかなり疲れてしまった
山頂は切り立った崖になっている
山頂は切り立った崖になっている
天気が悪いので、景色があまり見えない
奥の壁に「軍事区域立ち入り禁止」と書いてある
奥の壁に「軍事区域立ち入り禁止」と書いてある
実は本当の山頂は軍事区域になっていて、立ち入りができない
山頂の軍事アンテナ群
山頂の軍事アンテナ群
山頂から見た下界
山頂から見た下界
山頂から見た下界
山頂から見た下界
山頂から見た下界
山頂から見た下界
山頂から見た下界
山頂から見た下界
ケーブルカー乗り場付近
ケーブルカー乗り場付近
右へ行くと乗り場。帰りは中山陵の東側を通って、霊谷寺入口まで下りた後、遊2番バスで大学へ帰った。帰ってすぐに疲れて寝てしまった
宝くじ
宝くじ
これは国慶節の頃に買った宝くじ。1枚5元。コインで銀を削って、中央に出た数字(14 10)と左右に出た数字のどれかが一致すれば当たり!。コレは残念ながらハズレ

戻る