空港北側の禄口村へ行って飛行機見物。 - 南京理工大学留学記・2011~2012

空港北側の禄口村へ行って飛行機見物。

概要:本当は航空ビーコン探しと栖霞寺観光もついでにする予定だったが、思いがけない出会いがあったので飛行機見物だけにした。夜は生まれて初めて月食を見た。(写真は撮れなかったけど)

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2011年12月10日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


百家湖近くのバス停
百家湖近くのバス停
渋滞を避けるため百家湖まで地下鉄1号線で行って、そこから安銅線バスで禄口村へ
銅山客運站バス停
銅山客運站バス停
安銅線の終点。禄口村は途中で降りないといけないんだが、終点の村がどうなってるか知りたかったので、終点まで行ってみた。近くに銅山という山がある
銅山鎮
銅山鎮
バス停のそばは割りと店があるが、一本通りを入ると何も無い
南京航空航天大学金城学院
南京航空航天大学金城学院
銅山にある航空航天大学の分校。バスで空港南側へ
銅山と禄口を結ぶ道路
銅山と禄口を結ぶ道路
周辺は空港関係施設か田んぼしかない
航空燃料タンク
航空燃料タンク
機場路バス停
機場路バス停
機場路バス停と航空燃料タンク
機場路バス停と航空燃料タンク
禄口キリスト教会
禄口キリスト教会
バスで禄口村まで行った後、空港そばのキリスト教会まで3輪タクシーに乗っていった。別に教会に用事があるわけじゃなくて、ビーコン最寄の目標物だったので
教会周辺の農村
教会周辺の農村
空港北側の通り
空港北側の通り
右が禄口村、東が南京空港
空港のレーダー施設
空港のレーダー施設
赤いレーダー、実は廻ってません。白いレーダーはたぶん気象レーダー
教会そばの橋「新黄橋」
教会そばの橋「新黄橋」
教会がどのあたりにあるか、だいたいしか分からなかったので、ネットの地図を印刷して運ちゃんに見せて説明した。タクシーの運ちゃんいわく、「教会は知らんけど、この橋ならわかるから、そこまででいいか?」。
橋から見た川
橋から見た川
右が空港
橋から見た川
橋から見た川
今度は左が空港
フェンス越しに見た飛行機
フェンス越しに見た飛行機
離陸待機中のビジネスジェット
東方航空機が着陸
東方航空機が着陸
今日は西風なので24番滑走路を使用中
離陸するビジネスジェットと、滑走路へ向かう別の東方航空機
離陸するビジネスジェットと、滑走路へ向かう別の東方航空機
滑走路に入る東方航空B737形機
滑走路に入る東方航空B737形機
離陸する東方航空機
離陸する東方航空機
離陸する上海航空B737形機
離陸する上海航空B737形機
田舎道から見た空港
田舎道から見た空港
今日の本来の目的は飛行機見物よりもビーコン探し。探しながらウロウロしていたけど、写真撮影に夢中になってしまい、ビーコン手前500mまで接近できたが、ビーコン探しは次回に持ち越し。
この先立ち入り禁止
この先立ち入り禁止
一般人が行けるのはここまで。空港全体が良く見える
離陸する祥鵬航空A320形機
離陸する祥鵬航空A320形機
離陸する深圳航空B737形機
離陸する深圳航空B737形機
写真を撮っていたら、後ろから別の人がやってきた。ちょっと話してみると、彼はここの村役場に勤めていて飛行機が好きでよくココに飛行機を見に来ているという
離陸!
離陸!
帰りは彼と一緒に村役場まで歩いて、役場や彼の寮、食堂などを案内してくれた。帰りにはバス停まで送ってくれてとても親切だった
着陸する深圳航空B737形機
着陸する深圳航空B737形機
彼とは役場まで歩きながら、いろんな話をした。飛行機、故郷、彼女いるか、何歳だ、どこに住んでいるなど、いろんな話に花が咲いて、役場までの3kmもあっという間だった。
着陸する香港ドラゴン航空
着陸する香港ドラゴン航空
帰り際、「撮った写真が欲しい」と彼が言うので(彼はカメラを持っていない)、写真屋に行って現像して、案内してくれたお礼に彼にあげた。ついでに、以前撮った大学上空を飛ぶ軍用機の写真もあげた
着陸する香港ドラゴン航空
着陸する香港ドラゴン航空
本来、午前中で空港見物を切り上げて、午後は栖霞寺観光に行く予定だったけど、思いがけない出会いがあったので、午後の寺観光は中止にした。
帰りのバスにて
帰りのバスにて
道路沿いにイチゴ露店が出ている。今日は、同じ趣味(飛行機ファン)を持つ人と意外な出会いが会って、非常に面白かった。また禄口村に来よう。寺観光は明日、日曜日に行くつもりです

戻る