燕子磯→通江集水上バス - 南京理工大学留学記・2011~2012

燕子磯→通江集水上バス

概要:2週間前の調査で、燕子磯→通江集間の水上バスが運行されていることを発見。今日は実際に乗りに行って見た

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2011年12月24日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


燕子磯フェリー乗り場
燕子磯フェリー乗り場
14:30発のフェリーを待っている人たち
フェリー乗り場前の通り
フェリー乗り場前の通り
時間が止まってしまったかのように古い住居が並んでいる
桟橋へ
桟橋へ
桟橋から見た長江
桟橋から見た長江
桟橋
桟橋
左が水上バス、右に隠れて見えないがフェリー
フェリーから見た桟橋
フェリーから見た桟橋
遠くに長江二橋が見える
遠くに長江二橋が見える
出港!
出港!
奥の水上バスは、上海で見た奴と同じだと思ったら、船尾に「SHANGHAI」って書いてあって、上から「南京」上書きしてあった。上海から購入?したものか?
長江沿いに東へ
長江沿いに東へ
まもなく長江二橋通過
まもなく長江二橋通過
橋の根元は化学工場が並んでいる
橋の根元は化学工場が並んでいる
長江二橋の下をくぐる
長江二橋の下をくぐる
こちらも化学工場関係の桟橋
こちらも化学工場関係の桟橋
宜昌から来た貨物船を追い越す
宜昌から来た貨物船を追い越す
カン形特殊ブイ
カン形特殊ブイ
「禁止靠停」(停泊禁止)と書いてある。カン形のブイは初めて見た
137号安全水域ブイ
137号安全水域ブイ
こちらは日本でも良く見る灯浮標形
左に回頭して北へ
左に回頭して北へ
左は八卦洲、右は六合区
天河口1号ブイ
天河口1号ブイ
真っ黒で用途不明。海図の凡例にも載っていない
フロート形ブイ
フロート形ブイ
長江沿いはこの手のブイが多い
通江集桟橋が見えてきた
通江集桟橋が見えてきた
まもなく到着!
まもなく接岸
まもなく接岸
乗ってきたフェリー「中山05号」
乗ってきたフェリー「中山05号」
通江集桟橋に到着
通江集フェリー乗り場前の道路
通江集フェリー乗り場前の道路
周りはなにもなさそう
通江集フェリー乗り場前
通江集フェリー乗り場前
こういう所には必ずいる三輪タクシー&バイクタクシー
通江集桟橋
通江集桟橋
そのまま同じフェリーに乗って帰る
通江集桟橋
通江集桟橋
一日5本しかないので、乗り遅れると大変
隣の桟橋
隣の桟橋
航海距離は8.02kmでした
航海距離は8.02kmでした
約40分かかります。南京のフェリーの中では、一番航海距離が長いかもしれない
出港して通江集を後にする
出港して通江集を後にする
船内の様子
船内の様子
江心洲へ行くフェリーとほとんど同じです
フロート形ブイ
フロート形ブイ
左舷標識??
遠くに工業地帯が見える
遠くに工業地帯が見える
二橋高速東側の「新港開発区」
カン形特殊ブイ
カン形特殊ブイ
造船所で艤装中の貨物船
造船所で艤装中の貨物船
左は「藍海陽光」号。IMO9497402。広州船籍。ほぼ艤装が済んでいる
さっきの船を船首から見る
さっきの船を船首から見る
こちらも艤装中の船
こちらも艤装中の船
「藍海旭日」号。IMO9497385。広州船籍。さっきの「藍海陽光」の姉妹船だろう。船尾にフリーフォール救命艇がついている(緊急時にいかだよりも迅速に脱出できる)
造船所
造船所
八卦洲は造船所が多い
中国石油の桟橋
中国石油の桟橋
船舶用の給油所か?。川のガソリンスタンドといった所か
小さい船が浮かんでいる
小さい船が浮かんでいる
魚かなんかを捕っているっぽい
まもなく到着
まもなく到着
桟橋そばのバス停向かいにある食堂
桟橋そばのバス停向かいにある食堂
8番バスで地下鉄駅へ
迈皋橋広場バス停
迈皋橋広場バス停
夕飯はお手製もやしチンジャオロース
夕飯はお手製もやしチンジャオロース
今まで作った中では1番にウマかった

戻る