日本へ里帰り 旅程3日目 初めての冬の青島 - 南京理工大学留学記・2011~2012

日本へ里帰り 旅程3日目 初めての冬の青島

概要:招待所に1泊した後はホステルに移る。初めての冬の青島。ものすごく寒い。

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2012年01月02日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


青島天文台ユースホステルの6人ドミトリー
青島天文台ユースホステルの6人ドミトリー
招待所に荷物を置いたまま、ドミトリーを確保しにホステルヘ。1泊30元。船の出る5日まで3泊する。
青島天文台ユースホステル
青島天文台ユースホステル
2010年8月以来久々の利用
ホステルのある山から見た青島市街
ホステルのある山から見た青島市街
小さい山の頂上にホステルは建っている。眺めがいいけど、冬は強風が吹いていてメチャ寒い
ホステルのある山への入口に立つ教会
ホステルのある山への入口に立つ教会
青島名物ラオシャンコーラ
青島名物ラオシャンコーラ
市立病院前の露店で購入。コカコーラとはちょっと味が違うけどウマい。青島に来た時にいつも飲んでいる。ラオシャンの水でコーラを作るとラオシャンコーラ。ビールを作ると青島ビール。
昼飯は駅前の永和豆浆でラーメン
昼飯は駅前の永和豆浆でラーメン
ガラっと変わった駅前
ガラっと変わった駅前
左のATMは、顔見知りがやっている土産屋兼写真屋、ピザハットは書店、奥のビーフン屋はかばん屋だった。この1年でガラっと変わってしまった。あの写真屋の姉妹はドコへ行ったんだろう?
冬の第六海水浴場
冬の第六海水浴場
青島のお気に入りの場所のひとつ。さすがに冬だからか、泳いでいる人はいない。
冬の第六海水浴場
冬の第六海水浴場
そして、夏ならズラリ出ている1分写真屋とか、水族館切符の代理店も出ていない。
冬の第六海水浴場
冬の第六海水浴場
土産物売りの露店は出ていた
ビーチや路上の露天商から物を買わないようにしましょう
ビーチや路上の露天商から物を買わないようにしましょう
そんなこと言われてもねぇ・・・。この表示の周辺にはズラリ露天商が並んでいる。そして英語訳がかなりオカシイ。
南京にも出ていた、謎の食べ物の屋台
南京にも出ていた、謎の食べ物の屋台
なぜか冬しか出ていない。夏は青島、南京ともに見なかった。そして、売っている人がみんな中国語以外の言葉をしゃべっている。少数民族か?
新しく出来た地下道
新しく出来た地下道
去年までずっと工事中だった。代わりに色んな商店がある、古いほうの地下道が封鎖されてしまって残念。
信号山公園入口
信号山公園入口
2008年からずっと行きたかった「信号山公園」へ。ホステルそばなので歩いて行く。
禁煙は登山
禁煙は登山
意味不明な日本語訳。英語訳もちょっと変。もともとの意味は「よじ登ってはいけません」
こっちはまだ意味が分かるけど・・・
こっちはまだ意味が分かるけど・・・
「雷の鳴っている時に、携帯を使ってはいけない」っていうのは、科学的根拠に乏しい。
信号山公園から見た市街
信号山公園から見た市街
ドイツ統治時代の建物が残っている
信号山公園から見た市街と青島テレビ塔
信号山公園から見た市街と青島テレビ塔
信号山公園から見た市街
信号山公園から見た市街
奥に桟橋が見える
信号山公園
信号山公園
つくし形の展望台がある
つくし形の展望台
つくし形の展望台
つくし形の展望台
つくし形の展望台
信号山公園から見た市街
信号山公園から見た市街
日没が近いので、ホステルへ帰る

戻る