清明節:湯山、土橋バスルート調査 - 南京理工大学留学記・2011~2012

清明節:湯山、土橋バスルート調査

概要:気がついたら3連休の清明節だった。てっきり4月の中ごろだと思っていた。前もって知ってたら、ちゃんと計画立てて上海あたりにでも出かけるんだが・・・。今日はまだ行ったことがない大学東側の湯山、土橋へバスルート調査に出かける。

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2012年04月02日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


Google Mapがドラクエ風に!
Google Mapがドラクエ風に!
エイプリルフールのジョークらしい。面白い!
寮の入口に貼ってある通知
寮の入口に貼ってある通知
「この付近の住宅で麻疹患者が発生しました。伝染を防ぐためにこの寮の学生に予防接種を行います。3/30 16:30-17:30の間に校内病院で接種を受けてください」
すでに通知を見たときには、期間を過ぎていた。それにアレルギー持ちなので、そもそも予防接種は受けられない。もう期間を過ぎてるから剥がそうよ。うちの寮で予防接種を受けに行った奴はどのくらいいるんだろう?そもそも漢字が読めない奴も大勢住んでるんだが・・・
麒麟門新大街バス停
麒麟門新大街バス停
午後からは湯山、土橋方面のバスルートを調査しに出かける。大学から55番バスで30分。だいぶ景色が変わる。郊外なので定番の3輪タクシーが幅を利かせている。123番に乗り換えて湯山方面へ
湯山中学バス停と湯山バスターミナル
湯山中学バス停と湯山バスターミナル
湯山は南京→句容ルートの途中にある小さな町。周辺には明文化村、猿人洞などの観光地があって年間パスポート対象地なのでまた来よう。
湯山の町
湯山の町
湯山の町
湯山の町
湯山の町を抜けて123番バスの終点へ
湯山の町東出口
湯山の町東出口
寧句線バス
寧句線バス
123番バスの終点を通り過ぎていった。寧(南京)→句(句容)を結ぶ路線バス
南京炮院バス停
南京炮院バス停
123番バスの終点。
南京炮院バス停前の通り
南京炮院バス停前の通り
小丹陽と違って、ものすごい田舎っていう訳ではない。
句容へ続く道路
句容へ続く道路
理工大から一番近い隣の市
南京砲兵学院と終点バス停
南京砲兵学院と終点バス停
句容のタクシーがここまで来ている
句容のタクシーがここまで来ている
南京市内に出るよりも、句容市内へ出るほうが近い。でもまだココは南京市内。
寧鎮線バス
寧鎮線バス
遠く離れた鎮江へ向かう長距離路線バス
湯山中心幼稚園
湯山中心幼稚園
再び123路に乗って、湯山東バス停へ
湯山東バス停
湯山東バス停
バス停の作りが江寧区のバス停に似ている
湯山の町
湯山の町
湯山の町にある商店
湯山の町にある商店
喉が渇いたので飲み物を調達。ブルーベリー味でおいしい。5元で高かったけど、ツブツブ入りで食感もGOOD!
土橋林場バス停
土橋林場バス停
湯山東から金湯線バスで土橋林場へ。てっきり土橋の町に着くと思っていたら、土橋の町からだいぶ外れたところだった。
土橋林場バス停
土橋林場バス停
対岸のバス停。禄口あたりのバス停に作りが似ている。
土橋林場バス停
土橋林場バス停
土橋林場バス停
土橋林場バス停
再び金湯線バスに乗って、終点の金宝市場へ
金宝市場バス停
金宝市場バス停
こんなバス停だけど、ここからたくさんの始発バスが出ている。
金宝市場
金宝市場
バス停そばにある市場。かなりデカそう。
金宝市場
金宝市場
金宝市場バス停
金宝市場バス停
ここから金麒線で麒麟門に出て、55番で大学へ帰ろうと思っていたが、どこから金麒線が出ているか分からなかったので、D8番バスで瑞金路に出て55番で大学へ帰った。
新しい食器洗剤を調達
新しい食器洗剤を調達
9月に買った洗剤(左)が底を尽きそうなので、大学そばのスーパーで新しい洗剤(右)を調達。前のはメイド・イン・南京だったけど、今度のはどこのだろう?

戻る