ベトナム:ハロン湾クルーズ - 東南アジア旅行2012

ベトナム:ハロン湾クルーズ

概要:ハロン湾観光のメインとも言えるハロン湾半日クルーズに参加。同じボートに日本語がめちゃうまいベトナム人がいて、日本で働いたときに世話になったと言う社長(日本人)を連れて参加していた。ホテルで申し込んで30万ドン(送迎車、入場料、ボート代込み)しかし、他の乗客に聞いてみると、もう少し安い値段で申し込んだ人もいた。午後は3番バス終点のホアインボーへ。夜はバイチャイ橋からの夜景を堪能

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2012年02月13日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


港
どんどん出発するボート
どんどん出発するボート
操舵室
操舵室
上部甲板に集まる人
上部甲板に集まる人
朝飯のフォーボー
朝飯のフォーボー
いつもの食堂にて。ご飯を食べるつもりだったが、朝は麺しかないと言うのでフォーにした
ツーリストボート乗り場
ツーリストボート乗り場
ホテル前でピックアップしてもらって、ツーリストボート乗り場へ。ピックアップがなかなか来ないので、騙されたかな~と不安になっていたら、20分遅れでやって来た
同じボートに乗る乗客
同じボートに乗る乗客
ベトナム人が約半分、あとはドイツ人、広東人、そして二人の日本人
ハービン8号
ハービン8号
ハービン・ツーリストボートの8番船。この船で湾を観光
桟橋入口
桟橋入口
桟橋付近で日本人を一人発見。ボートにも一人乗っていたので、ハロン湾三日目にしてようやく日本人に会った。ハロン湾は中国・韓国がめちゃ多いけど、日本人は意外と少ない
ハービン・ツーリストボートのピックアップ車
ハービン・ツーリストボートのピックアップ車
乗船
乗船
ようやく出発
ようやく出発
ハービン8号の上部甲板
ハービン8号の上部甲板
眺めがいいので、ほとんどここに立っていた
南下してダウゴ(DAU GO)島へ
南下してダウゴ(DAU GO)島へ
意外とスピードが出ないこの船。6ノット(約10Km/h)でノロノロ進む
小舟とブイ
小舟とブイ
ズームするとレンズについたゴミにピントが合って、ゴミが写り込んでしまった。なかなかゴミが取れなくてイタい
6号ブイ(赤)
6号ブイ(赤)
小舟
小舟
急旋回してどこへ行くかと思ったら…
ボートにくっ付いて商売を始めた
ボートにくっ付いて商売を始めた
物売りの船だったようだ
8号ブイ(赤)
8号ブイ(赤)
こっちも商売中
こっちも商売中
ボートの1階後部
ボートの1階後部
ボートの1階船室
ボートの1階船室
左右のテーブルに物売りのネタが置いてある
ダウゴ島に接近
ダウゴ島に接近
雲底高度が低い。雲がたれ込んでいる
まもなく接岸
まもなく接岸
ボートを降りて、ダウゴ島観光
ダウゴ島に到着
ダウゴ島に到着
桟橋
桟橋
桟橋と奇岩
桟橋と奇岩
桟橋
桟橋
大勢の中国・韓国人たちと順路に沿って階段を登る
展望台
展望台
展望台からの眺め
展望台からの眺め
気色がなかなかイイ
展望台からの眺め
展望台からの眺め
鍾乳洞入口
鍾乳洞入口
階段を登ると鍾乳洞だった
きれいにライトアップされた鍾乳洞
きれいにライトアップされた鍾乳洞
落書きはダメ
落書きはダメ
3ヶ国語で書いてある
鍾乳洞
鍾乳洞
ボートに30分後に戻れと言われたので、そそくさと見て回っていたが、なかなか前へ進まない。原因は中国人が順路を塞いで写真を撮っていた。写真が好きなのは構わんけど、周りを見てくれ…
鍾乳洞
鍾乳洞
鍾乳洞
鍾乳洞
申し込んだツアーはガイドなし。でも、中国人や韓国人の団体を案内しているガイドの話を横で聞きながら観光
鍾乳洞
鍾乳洞
水が湧いている
水が湧いている
水の中にはお金が落ちている…、トレビの泉じゃないぞ
水が吹き出ている所
水が吹き出ている所
鍾乳洞を出た所の売店
鍾乳洞を出た所の売店
ベトナム地図が1万ドンと意外と安かったので購入。夜市では20万とか言ってた地図だ
売店のある展望台。湾内がよく見える。階段を降りてボートへ
売店のある展望台。湾内がよく見える。階段を降りてボートへ
桟橋
桟橋
奥の売店では大量の人民元が飛び交っていた
奇岩にある世界遺産マーク
奇岩にある世界遺産マーク
出航して水上生活村へ
奇岩を見ながら行く
奇岩を見ながら行く
物売りのボートがUターンして近づいて来る
物売りのボートがUターンして近づいて来る
しかし、なぜか通り過ぎて行った
奇岩の間を進む
奇岩の間を進む
水上生活村に接近
水上生活村に接近
水上生活村
水上生活村
海上にポツンと水上村があるので、観光のために作られた村のようだ
水上生活村
水上生活村
観光客相手に物売りや貸しカヌーをしている家
観光客相手に物売りや貸しカヌーをしている家
水上生活村
水上生活村
とある家に到着
とある家に到着
手漕ぎボートに乗り換えて洞窟を回ると言われたが、別料金12万ドンだったのでスルー。
とある家
とある家
乗り換えない人はボートで待て、と言われた。待っている間日本語がうまいベトナム人と、同じ船の日本人と話をする
手漕ぎボート
手漕ぎボート
30分かけて洞窟を2つ回るらしい
手漕ぎボート
手漕ぎボート
ボートが戻ってきたら、今度は近くの別の家へ
物売り
物売り
別の家は釣り堀だった
別の家は釣り堀だった
食べたい魚を選ぶと、ボートで料理してくれる。でも15万ドンもするので食べているのは数人だった
釣り堀で昼食タイム
釣り堀で昼食タイム
物売り舟が去っていく
物売り舟が去っていく
こちらも商売中
こちらも商売中
昼食タイムで停泊中
昼食タイムで停泊中
水上生活村
水上生活村
操舵室
操舵室
コンパス
コンパス
漢字が書いてあるので、日本か中国製ではなかろうか
水上生活村
水上生活村
さっきの別料金ボートがあった家に再び戻る。今度はカヌーを別料金で貸すという。20分10万ドン。おばちゃんボートと大差ないけど、カヌーなら自分の好きな所へ行けるので思い切って借りて、奇岩の側まで行ってみた
ダウゴ島南西を南下
ダウゴ島南西を南下
カヌーを漕ぐのはたぶん初めて。なかなか面白かった。カヌーから撮った写真は残念ながらなし。ひっくり返って水に濡れたらマズイ電子機器は水上村に置いてきた。20分と言われたけど、ボートの運行に遅れが出ているからか10分した頃に、呼び戻されてしまった
上部甲板に集まる人々
上部甲板に集まる人々
このボートは団体じゃなくて個人客の寄せ集めなので、いろんな人がいる
船首部分
船首部分
ほとんど止まっているのと変わらない速度でノロノロ進む。後で分かったが、後続のボートを待っているんだった
ほとんど止まっている
ほとんど止まっている
操舵室の神棚
操舵室の神棚
操舵室を覗いていたら、こっち来いよと言われて中へ。線香に火を着けてくれたので、突然お祈りタイム。お賽銭は?見たいな事を言われたので、一番小さい500ドン札を出してみる
操舵席
操舵席
運転手1がデジカメに興味津々だったので、写真を見せていたら、南寧からの写真を全部見てしまった。デジカメくれと言われたけど、それはダメ~
エンジン制御盤
エンジン制御盤
思いっきり日本語で書いてあると思ったら、ヤンマー製だった
運転手1と添乗員
運転手1と添乗員
ベッドがある。泊まりのツアーもあるから、その時はここで寝るんだろう
運転手2
運転手2
笑顔がイイ。運転してみる?って誘われたので、止まっているから大丈夫かなと思って舵輪を回していたら、いきなりエンジンをふかし始めた。
南へ南下
南へ南下
危なくないのか?と言ったら、OKOKと言われて、運転手の言う通りに舵輪を回す。エンジンは運転手が操作。ボートが自分の操作する通りに動くのはなかなか快感。船の免許を取ることは無いと思うから、最初で最後の経験になったかも。コースをどんどん外れていくので、アレ?と思っていたら、その場で1回転して元のコースに戻った。5分ぐらいだったが、とてもイイ体験だった。他の乗客がアレ?という顔でこっちを見ていたけど…
別のボートが接近
別のボートが接近
フンハン号28番船。このボートを待っていたようだ
海上で2つのボートがドッキング
海上で2つのボートがドッキング
何だ?と思っていたら、半日ツアーの人は乗り換えて桟橋へ帰って下さい。という事だった。1日ツアーの人は乗り換えずにそのまま
去っていくハービン号8番船
去っていくハービン号8番船
さっきの楽しい運転手連中に別れを告げる。運転させてくれたお礼にチップをはずんでしまった。ほとんどの乗客は乗り換えて戻り。1日ツアーの人はドイツ人だけのようだった
バイチャイのツーリストボート乗り場へ戻り
バイチャイのツーリストボート乗り場へ戻り
フンハン号の中。ハービン号より少し広い
フンハン号の中。ハービン号より少し広い
設備もちょっとイイ
設備もちょっとイイ
フンハン号の中
フンハン号の中
フンハン号上部甲板
フンハン号上部甲板
フンハン号操舵室
フンハン号操舵室
昼に出航していくボートもあるみたいだ
昼に出航していくボートもあるみたいだ
3階建てのボートもある
3階建てのボートもある
3号ブイ(緑)
3号ブイ(緑)
2号ブイ(赤)
2号ブイ(赤)
バイチャイに到着
バイチャイに到着
4時間の楽しいクルーズもあっという間に終わり。次回はルート2(今回は1)を回って見よう
ツーリストボート乗り場
ツーリストボート乗り場
ボート乗り場前のバス停
ボート乗り場前のバス停
まだ半日時間があるので、3番バスの終点ホアインボーがどんな所か見に行ってみる
同じバス停
同じバス停
ベトナムの標識は絵がデカいというかヘタクソというか…
バスで湖のそばを通る
バスで湖のそばを通る
バイチャイバスターミナルの国際バス待合室
バイチャイバスターミナルの国際バス待合室
バイチャイ・バスターミナルで乗客を拾う。南寧からハロン湾への国際バスがあると聞いていたが、本当のようだ
湖
ハロン湾初日はバスターミナルから郵便局へバイタクで湖畔を爆走した
踏切を越える
踏切を越える
ルート的に昨日見た建設中の駅へ繋がっているようだ
ホアインボーへの道
ホアインボーへの道
バスを待っていると、バイタクが寄ってきてバスターミナルまで1ドルという。ホアインボーへ行くんだよって言ったら遠すぎる見たいな事を言っていた
ホアインボーへの道
ホアインボーへの道
ホアインボーへの道
ホアインボーへの道
ホアインボーへの道
ホアインボーへの道
ほとんど農村
ほとんど農村
ホアインボーへの道
ホアインボーへの道
ホアインボーのバスターミナル
ホアインボーのバスターミナル
10Kmほど言った所で終点ホアインボーに到着
ホアインボーのバスターミナル
ホアインボーのバスターミナル
バスターミナルと言っても、路線バスが発着するのみ
昼飯のフォーボー
昼飯のフォーボー
まだ昼飯を食べていなかったので、ターミナルそばのボロ食堂にて。23000ドン
ホアインボーの町というか村
ホアインボーの町というか村
露店で飲み物をゲット
露店で飲み物をゲット
ターミナルの中の旅館
ターミナルの中の旅館
旅館前でバドミントンをしている人
旅館前でバドミントンをしている人
旅館前でバドミントンをしている人
旅館前でバドミントンをしている人
ホテル屋上から見た通り
ホテル屋上から見た通り
ホテルに戻ってきて、フロントの共用パソコンでメールを見ていると、泊まっているらしき欧米人から、鍵は置いて行くのか?みたいな事を聞かれる。フロント横に座っていた東洋人の私を宿フロントの人だと思ったようだ
夜の国道18号線
夜の国道18号線
ホテルで休憩&風呂&ハノイのガイドブック読みをしたあと、バイチャイ橋へ夜景を見に行く
世界遺産マークの電飾
世界遺産マークの電飾
夜の港入口
夜の港入口
対岸はホンザイの街
バイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋
海沿いが公園になっている
バイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋から見たホテル通り
バイチャイ橋から見たホテル通り
夜もエレベーター動いてるか不安だったが、夜も運行していた。エレベーターで橋の上へ
港入口
港入口
港とバイチャイ橋
港とバイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋
バイチャイ橋
トラックのライトが軌跡として写っている
バイチャイ橋
バイチャイ橋
港
帰りは坂道を歩いて下る
帰りは坂道を歩いて下る
坂道を下りてだいぶ疲れた。良いところでメータータクシーを発見。ベトナムのメータータクシーはどんなかな?と思って夜市までの1.5kmを利用したらなんと22万ドン。ホテル代よりも高い。それにどう考えても日本より高いので、ボッタクリメーターだったようだ。バイタクは上手く交渉すれば安く行ける。メータータクシーはボラれなくて安全と言うけれど、メーターに金額出たらその通り払うしかない。ベトナムのメータータクシーは乗らないことにした
いつも利用しているレストランの水槽
いつも利用しているレストランの水槽
ちょっと遅めの晩ごはん
ちょっと遅めの晩ごはん
5万ドン。ポテトの塩味が薄いので塩を頼んだらなぜか醤油が出てきた。塩はないそうだ。でも醤油を着けて食べるポテトも旨かった
夜市で大富豪をする市場の人
夜市で大富豪をする市場の人
買い物する訳でもないのに毎日夜市をぶらぶらしている。何も買わないのがちょっと悪いけど、市場の連中との会話が面白い。テーブル右下の1万ドン札に注目。やっぱり金を賭けている。参加する?って聞かれたけど、金を賭けるのはイヤなので見るだけにする
ハロン湾クルーズ船が入港Play Button
ハロン湾クルーズ船が入港
ハロン湾クルーズ船が出港Play Button
ハロン湾クルーズ船が出港
クルーズ船に乗ってクルーズに出発Play Button
クルーズ船に乗ってクルーズに出発
ダウゴ島に入港Play Button
ダウゴ島に入港
島の展望台から見たダウゴ島の入り江Play Button
島の展望台から見たダウゴ島の入り江
自分たちが乗っていた船が入港Play Button
自分たちが乗っていた船が入港
ダウゴ島観光を終えてクルーズ再開
ダウゴ島を出発Play Button
ダウゴ島を出発
島の西側にある村へ
水上生活村に到着Play Button
水上生活村に到着
釣堀のある家へPlay Button
釣堀のある家へ
さっきいた家へ再び行くPlay Button
さっきいた家へ再び行く
今度はカヌーをレンタルするらしい
水上生活村を後にするPlay Button
水上生活村を後にする
ダウゴ島の南を行くPlay Button
ダウゴ島の南を行く
ダウゴ島南東を北上Play Button
ダウゴ島南東を北上
ダウゴ島から北へPlay Button
ダウゴ島から北へ
バイチャイへ帰投1Play Button
バイチャイへ帰投1
バイチャイへ帰投2Play Button
バイチャイへ帰投2
バイチャイへ帰投3Play Button
バイチャイへ帰投3
バイチャイに帰着Play Button
バイチャイに帰着
夜のバイチャイ橋Play Button
夜のバイチャイ橋

戻る