ベトナム:首都ハノイへ - 東南アジア旅行2012

ベトナム:首都ハノイへ

概要:ハロン湾を後にして、ベトナムの首都ハノイへ。バスで5時間もかかって到着、さらにハノイのバスターミナルから宿まで路線バスを乗り間違えたので(結局バイタク2万ドンで行った)1時間半もかかって、宿に着いたらもう7時。今日は移動だけの1日だった

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2012年02月14日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


切符など
切符など
ホアインボーへの往復バス切符2万ドン(左上)、ホテルの名刺(右上)、ハロン湾クルーズのチケット(下)
ハノイ行きバス
ハノイ行きバス
今までのボロバスと違ってすごく豪華。今回はバスターミナルへ行かずに、路上でバスを拾ってみた
バスのデカいテレビに流れる歌番組
バスのデカいテレビに流れる歌番組
バイチャイ橋の動画を取りたかったので、まず路線バス3番でホンザイへ。ホンザイへ出たあと、たまたま止まっていたハノイ行きバスの客引きに声をかけられてそのまま乗車。ハノイまで10万ドン
線路としばらく並走
線路としばらく並走
線路のすぐそばに家が建っていて、線路が生活道路と化している。
線路と並走
線路と並走
中国は柵で鉄道を仕切ってあるけど、ベトナムはなにも無い(手前のガードレールは道路のもの)
イェンクー駅
イェンクー駅
踏切
踏切
川をわたる
川をわたる
化学工場?
化学工場?
中国の企業のようだ
道路沿いを田んぼが続く
道路沿いを田んぼが続く
今までのバスと同じく、途中の客を拾いながら行く
送電線
送電線
送電線
送電線
地図書きネタ
国道5号線
国道5号線
しばらく18号線を走ったあと、南へそれてハイズオン方面へ
ハノイ行きバス
ハノイ行きバス
運転手も乗客も全員下りて行ったので、何だと思ったら休憩タイムだった
559飯店
559飯店
休憩タイム。ベトナムは高速道路がないから、サービスエリアもない。でもこの飯店の駐車場は長距離バスがたくさん止まっていて、飯店がサービスエリアと化している
飯店前の国道
飯店前の国道
ハイズオン市
ベトナム名物、バイクの集団
ベトナム名物、バイクの集団
ハノイへ入る手前にて
ホン川をわたる
ホン川をわたる
ホン川をわたる
ホン川をわたる
やっとホテルに到着
やっとホテルに到着
予定していた「リアルダーリンカフェ」がなぜか地図の場所に無かったので、付近のミニホテルを何軒か当たって、そこそこの値段の所に泊まる
JYSKゲストハウス客室
JYSKゲストハウス客室
1泊16ドル。ドンなら33万5000らしい。30万台のホテルでは、今までで一番設備がいいかも。シャワーもお湯が30分ぐらい出て満足。1Fに旅行代理店が入っている(この辺りの宿はどこもそうだが)
客室
客室
本当は15万台のホテルが良かったが、疲れて宿を探す気がしないので、宿探しは明日に延期
夕飯の炒飯
夕飯の炒飯
4万ドン弱
レストラン
レストラン
すごく立派で英語メニューもある割には、値段は安い。英語も通じる。隣のテーブルでは欧米人5人が英語でおしゃべりしていた
バイチャイ市街→バイチャイ橋→ホンザイPlay Button
バイチャイ市街→バイチャイ橋→ホンザイ
3番路線バスでバイチャイ橋を渡る。
ホンザイ→バイチャイ橋→バイチャイバスターミナルPlay Button
ホンザイ→バイチャイ橋→バイチャイバスターミナル
ホンザイの路上でハノイ行きバスを拾って、ハノイへ。路上で乗客を拾いながら行く。クラクションめっちゃ鳴らしている。

戻る