ラオス:ルアンナムター・サイクリング - 東南アジア旅行2012

ラオス:ルアンナムター・サイクリング

概要:貸し自転車屋でマウンテンバイクを借りて、ルアンナムターを観光。空港、ワット、農村等を廻る。走行距離は30km。桂林以来久々の自転車だったのでだいぶ疲れた。22:30頃、隣近所から大声と物を投げる音がしたので出てみたら、夫婦喧嘩のようだった。近所中から集まった野次馬がうじゃうじゃ。夜はすごく静かだから喧嘩でもしようなら近所中に響く

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2012年02月27日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


サイマンタット・ゲストハウス
サイマンタット・ゲストハウス
中国人宿から見た市場
中国人宿から見た市場
中国人宿から見た通り
中国人宿から見た通り
市場の商店兼両替商
市場の商店兼両替商
バーツ→人民元、人民元→キップのレートが銀行よりも良い。日本円OK?って聞いたら、銀行行けと言われた。100元を両替して125000キップに。銀行なら123000キップにしかならない
市場の通り
市場の通り
青空市場
青空市場
ツーリスト向けの夜市と違って、こっちは地元民の市場
青空市場
青空市場
通りを歩いている若者
通りを歩いている若者
ほとんど女の子
ビアラオのトラックと山積みのビール箱
ビアラオのトラックと山積みのビール箱
マニチャン・レストランの中国語メニュー
マニチャン・レストランの中国語メニュー
中国人バックパッカーからのメッセージが下に書いてある
5万キップ札の看板
5万キップ札の看板
フエサイで、これと同じ看板を見た。意味は不明
サイマンタット・ゲストハウス
サイマンタット・ゲストハウス
1泊した中国人宿がイマイチだったので、自転車を15000キップで借りて、まずは宿探し。
サイマンタット・ゲストハウス
サイマンタット・ゲストハウス
県庁南の通りを少し入ったところにイイ、ゲストハウスを発見!部屋もきれい、周辺は静か、何よりフロントの女の子の笑顔がイイ。料金は6万キップ。
サイマンタット・ゲストハウスのフロント
サイマンタット・ゲストハウスのフロント
メインストリートの宿と違って、人があまりいない。シーンとしていてイイ
ルアンナムター空港
ルアンナムター空港
自転車を借りて、ルアンナムターをうろうろ。朝は涼しかったが、だんだん暑くなってくる
空港入口の交差点に立つ、ビアラオの看板
空港入口の交差点に立つ、ビアラオの看板
ルアンナムター空港ターミナル
ルアンナムター空港ターミナル
ちっちゃなターミナルとちっちゃな管制塔。そしてラオスっぽい造り
ターミナルビルの中
ターミナルビルの中
バスターミナルみたいだ。首都ビエンチャンへ1日1往復しか出ていない
出発口
出発口
「X線故障中につき、開封検査にご協力ください」と書いてある。っておいおい
新しい航空路の案内
新しい航空路の案内
ルアンパバーン→ウドンタニ、新航空路開設の案内。ラオス美女が微笑む
航空搭載禁止貨物の案内
航空搭載禁止貨物の案内
かなり詳細に書いてある
空港南側の集落
空港南側の集落
空港南側の集落
空港南側の集落
サッカーゴールがある
バンルアン小学校
バンルアン小学校
サマキ中学校
サマキ中学校
空港入口(右)
空港入口(右)
ナムター川ボート乗り場の小屋
ナムター川ボート乗り場の小屋
フエサイへのボートがここから出ている。今は渇水期なので運休中
ボートランディング・ゲストハウス
ボートランディング・ゲストハウス
ボート乗り場向かいにあるゲストハウス
ナムター川とボート乗り場
ナムター川とボート乗り場
子供が木に登って遊んでいる。下では女性が川で洗濯
ナムター川
ナムター川
ボート乗り場の小屋
ボート乗り場の小屋
ボート乗り場入口(右)
ボート乗り場入口(右)
ナムター川に架かる橋
ナムター川に架かる橋
鉄板で出来ているので、独特の音がする
橋を渡った所にある民家
橋を渡った所にある民家
橋を渡った所にある分岐
橋を渡った所にある分岐
左へ行くと、しばらく未舗装が続いて、国道3Aに通じる
バンパサック小学校
バンパサック小学校
バンパサック小学校前の道
バンパサック小学校前の道
しばらく未舗装が続く。周辺はず~っと田畑が続く
ナムター川に架かる吊り橋
ナムター川に架かる吊り橋
ナムター川に架かる吊り橋
ナムター川に架かる吊り橋
地元民はチャリやバイクに跨がったまま橋を渡っていくが、私はチキンなので押して渡る
トラックが坂を登れないので、みんなで押している
トラックが坂を登れないので、みんなで押している
このタイプのトラックは馬力が無いし、燃費が悪い。そしてエンジン音がデカい
川を渡る車
川を渡る車
車は吊り橋を通れないので、そのまま川を通っていた
どこまでも続く田畑
どこまでも続く田畑
実際に目で見ると、とても開放感のある景色。写真だと魅力が半減
国道沿いの飲み屋
国道沿いの飲み屋
国道に入る前、暑くて飲み水が尽きかけていたら、集落に小さな商店があって、しかも冷えたジュースを7000キップで売っていたので助かった。英語丸で通じなかったが身振り手振りで何とかなった
3A国道
3A国道
やっと舗装道に出た。ラオスは幹線道路以外未舗装が多い
どこまでも続く田畑
どこまでも続く田畑
3A国道キロポスト
3A国道キロポスト
ベトナムと同じカラーリングのポスト。100m置きに小さなポスト、1km置きに大きいポストがあって、走行距離把握に便利
再び飲み屋
再び飲み屋
再び未舗装道を辿ってルアンナムター市街へ帰る
ナムター川に架かる橋
ナムター川に架かる橋
いろんなタイプの橋があって面白い
ナムター川に架かる橋
ナムター川に架かる橋
鉄板橋でも吊り橋でもなく、全て木で出来ている橋
橋のたもとで地元民が洗濯をしている
橋のたもとで地元民が洗濯をしている
橋を渡る地元民
橋を渡る地元民
この橋は渇水期の間だけ設置されるらしい
学校前の通りで遊ぶ子供
学校前の通りで遊ぶ子供
この後チャイムが鳴って、学校の中へ戻っていった。チャイムと言っても、小さなベルを手でチンチン鳴らすだけのシンプルなもの
学校
学校
何人か、お母さんが子供をバイクで送りに来ていた。昼休みだったんだろう
宿の鍵と携帯のチャージカード
宿の鍵と携帯のチャージカード
宿の鍵のキーホルダーはなんとSIMカードの切れ端。なんか頭イイ。数日前に買ったSIMカード、自分の番号が書かれた紙を間違えて捨ててしまったので、買った店に聞きに行ったら、親切に教えてくれた。(日本の携帯みたいに、メニュー→0では番号が出てこない)。残高ゼロだったので、1万キップのチャージカードを購入。チャージのやり方はベトナムと同じ
山向こうに沈む夕日
山向こうに沈む夕日
なんかベトナム関係の建物がある
なんかベトナム関係の建物がある
ベトナム関係の建物
ベトナム関係の建物
ワット入口で休んでいる坊さん
ワット入口で休んでいる坊さん
タート・ルアンナムター
タート・ルアンナムター
タート・ルアンナムターの仏塔
タート・ルアンナムターの仏塔
民族衣装を着た像がある
民族衣装を着た像がある
ワットからの眺め(南)
ワットからの眺め(南)
ルアンナムター市街が一望できる
ワットからの眺め(南西)
ワットからの眺め(南西)
大きい建物は県庁
ワットからの眺め(北西)
ワットからの眺め(北西)
ワットからの眺め(西)
ワットからの眺め(西)
ワットからの眺め(南西)
ワットからの眺め(南西)
ワット入口
ワット入口
市街へ続く砂利道
市街へ続く砂利道
だんだん人が集まってくる夜市
だんだん人が集まってくる夜市
マイノリティ・レストラン
マイノリティ・レストラン
少数民族料理がある
マイノリティ・レストラン
マイノリティ・レストラン
マイノリティ・レストラン
マイノリティ・レストラン
開放感のある涼しい店内
レストランの受付
レストランの受付
テレビとベッドがある
夕飯の野菜炒飯とラオス茶
夕飯の野菜炒飯とラオス茶
15000キップ。茶は無料

戻る