ベトナム:モンカイ・チャーコ観光 - 東南アジア旅行2012

ベトナム:モンカイ・チャーコ観光

概要:中国国境のモンカイと、ビーチリゾートのチャーコを観光。チャーコはオフシーズンのためかホテル・レストランが閉まりまくっていた。泊まっていたチャーコホテルが少し高めなので、フーンリン(Phuong Ling)ホテルに移ったが、「パスポートを持って警察に行かないといけない(宿泊登記のため)」と言われてあたふた。中国と違って、ホテルでは登記できないらしい(後にランソンでホテルに泊まって明らかに)。そうしている内に宿の女主人みたいな人に「私の家に泊まったら?」という話になったが、風邪がまだ治っていないのもあり、チャーコホテルに戻ってもう一泊することに

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2012年02月04日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


謎の揚げ物とモンカイ市場
謎の揚げ物とモンカイ市場
泊まっているチャーコからバイクタクシーで国境のモンカイに出てウロウロ。相場がわからなくて10万ドンも払ってしまった。謎の揚げ物は市場の前の屋台で5000ドンでゲット。なかなかウマい。モンカイにいる間しょっちゅう食べていた。
モンカイ市場の前のバスターミナル
モンカイ市場の前のバスターミナル
ヴィン(VINH)やティエンイェン(TIEN YEN)行きのバスが出ている
こっちはミニバス乗り場
こっちはミニバス乗り場
モンカイ市場
モンカイ市場
モンカイ市場
モンカイ市場
モンカイ市場
モンカイ市場
朝の9時頃。商売準備を始めている店が多い
モンカイ市場入り口
モンカイ市場入り口
あちこちにある携帯電話やさん
あちこちにある携帯電話やさん
DIEN THOAI(電話)とかSIM(電話番号の記録されたSIMカード)とか書いてある
チャーコ行きバス停
チャーコ行きバス停
マジェスティック・ホテル
マジェスティック・ホテル
国境検問所のそばにある
モンカイ入口、国境そばに立つ看板
モンカイ入口、国境そばに立つ看板
ベトナム側の出入国審査場
ベトナム側の出入国審査場
モンカイ市場の東側の通り
モンカイ市場の東側の通り
チャーコ行きバス
チャーコ行きバス
チャーコ行きのバスを発見。帰りはバスで帰ることに。
チャーコへ出発
チャーコへ出発
いつ出発するのかと思っていたら、そこそこ満員になったところで出発。「客が集まったら出発」はアジアではよくあるパターン。
チャーコへの道
チャーコへの道
田舎が続く
チャーコへの道
チャーコへの道
田舎が続く
田舎が続く
チャーコへの道
チャーコへの道
運転席にサングラスがかけてあるのが面白い
田舎が続く
田舎が続く
田舎が続く
田舎が続く
バスの切符
バスの切符
料金は1万ドン。車掌が料金を集めに来るので、お金と切符を交換
バスの終点付近
バスの終点付近
ベトナム最東端へ続く道路
終点にあるゴルフ場
終点にあるゴルフ場
車掌に「どこで降りるのか」と聞かれて中国語で「終点」英語で「エンドポイント」と言ってみたが通じず。そしたら車掌が「ゴルフをする仕草」をしたので何だ?と思っていたら、このゴルフ場を示していたみたいだ。車掌は自分の持っていたGPSに興味津々の様子で、いろいろ画面を見せていたら「BAN DO(地図)」とかなんとか言っていた
チャーコまで4km
チャーコまで4km
帰りもバスでホテルまで戻ろうと思っていたら、置いていかれてしまったので歩く。
チャーコ・キリスト教会
チャーコ・キリスト教会
途中のバス停
途中のバス停
奥はチャーコ・ビーチ。別にバス停でなくても、手を上げれば乗せてくれる
チャーコ・ビーチが見える
チャーコ・ビーチが見える
3kmほどテクテク歩く。歩きなれていないので、かなり疲れた。(いつも長距離は自転車なので)
サオビエン・ホテル
サオビエン・ホテル
ロンリープラネットに出ていたホテル。ホテルを移ろうと思ってビーチ沿いのホテルに値段を聞いて回るが、オフシーズンのためか休業中のホテルが多い。
サオビエン・ホテル入口
サオビエン・ホテル入口
もちろんこのホテルも休業中
ホテル斜め向かいで手に入れた水
ホテル斜め向かいで手に入れた水
炭酸入りだった。しかも少ししょっぱい

戻る