雲南省:中国・建水へ - 東南アジア旅行2012

雲南省:中国・建水へ

概要:10日ぶりの中国での宿泊。まずは目的地シーサンバンナへ行く途中の建水にユースホステルがあるので、そこまで行って1泊。河口(国境)から建水へ出るバスは早朝しかないので蒙自まで出て乗り換える事にした。5時間かかってようやく到着。到着後、シーサンバンナへの寝台バス切符を取りに行くと、22日まで満席。仕方なく翌日のバスで一旦昆明へ出ることにした

行程図。マウスドラッグで地図の移動、ホイールで拡大/縮小ができます。
(軌跡データが表示されるまで、しばらく時間がかかります。)

GPSデータダウンロード「GPSデータとは?」
GPSデータ:2012年02月20日

写真をクリックすると大きいサイズの写真が表示されます。


バス切符売場
バス切符売場
ベトナム語が併記してある
バスターミナル待合室
バスターミナル待合室
朝飯はインスタントフォー
朝飯はインスタントフォー
ゆめタウン輸入食品コーナーで売っている奴と同じ。ハノイで8000ドンで購入
インスタントフォー
インスタントフォー
皿がないので、手持ちのコップで代用。お湯はバスターミナルの給湯器から。う~んウマい
蒙自行きバス
蒙自行きバス
ベトナム人の出入国通行証
ベトナム人の出入国通行証
商売人のおばちゃんに頼んで見せてもらった。いわばパスポートとも言える。でもかなり薄くて名前等は手書き、写真は貼ってあるだけのチャチな造り。ベトナム出入国はパスポートは四角いスタンプ、通行証は丸いスタンプと分けてある。おばちゃん、写真を快くOKしてくれた。ありがとう~
ベトナム出国ゲートに並ぶ、国境貿易のトラック
ベトナム出国ゲートに並ぶ、国境貿易のトラック
国境貿易の商品をベトナム側へ引っ張って行くおばちゃん
国境貿易の商品をベトナム側へ引っ張って行くおばちゃん
国境の橋にて。トラック、自転車、手押し車、色んな手段で貿易の荷物が行き交う
国境の橋を渡って、中国へ入国
国境の橋を渡って、中国へ入国
朝から雨の中、15元のバイクタクシーで国境まで。おっちゃんがお釣をベトナムドンでくれようとするので、15元ピッタリ払う。これから中国へ入るのに、無駄にベトナムドンを増やしてもしょうがない
河口バスターミナル
河口バスターミナル
国境にたむろしているバイタク10元でバスターミナルへ。以前、友誼関から中国に戻った時、時差があるの忘れてて列車に乗り損ねたので、今日は昨日寝る前に中国時間に合わせておいた。
別の河口国境
別の河口国境
バスターミナルのそばにある。ラオカイ/河口国境とは別物。外国人に開放されてるかは不明
G8011高速を行く
G8011高速を行く
山の中を縫うように走る。景色がすごくいい
G8011高速を行く
G8011高速を行く
G8011高速を行く
G8011高速を行く
トンネルが多い
G8011高速を行く
G8011高速を行く
高度200m前後を走る。天の上を行くような感じ
G8011高速を行く
G8011高速を行く
蒙自まで70km。右に立っているのはバスを待っている人たち。高速道路にも関わらず、路肩で客を広いながら行く。「高速を人が歩いてはいけません」の看板があるが、みんなお構い無し
G8011高速を行く
G8011高速を行く
やっぱり給油
やっぱり給油
中国バスの定番イベント、客を乗せたまま給油
G8011高速を行く
G8011高速を行く
気がついたら高度1500mオーバー。途中で一気に高度を上げたようだ
G8011高速を行く
G8011高速を行く
G8011高速を行く
G8011高速を行く
まもなく蒙自
出口まで1km
出口まで1km
ETCも使えます
蒙自出口
蒙自出口
蒙自バスターミナル切符売場
蒙自バスターミナル切符売場
2時間半で蒙自に到着。建水行きの切符を買って乗り継ぎ
紅富士を売っている
紅富士を売っている
ターミナルの果物売りにて
蒙自バスターミナル
蒙自バスターミナル
ガラスに注意、壊したら弁償
ガラスに注意、壊したら弁償
ターミナルのドアに書いてある。注意はいいとして、弁償って…
蒙自バスターミナル
蒙自バスターミナル
中国はバスも荷物検査があるんだが、荷物を下ろすのが面倒なので、スルーできるかチャレンジ。スルーできた。荷物チェックのやる気が無いようだ
建水行きバス
建水行きバス
冷気開放(冷房車)と書いてあるが、実際は窓全開で走っていた。高度が上がったから寒いかと思いきや、よく晴れて暑い
建水へ
建水へ
山が連なる
建水へ
建水へ
美しい田園
建水へ
建水へ
G323国道を行く
G323国道を行く
G323国道を行く
G323国道を行く
G323国道を行く
G323国道を行く
建水まで1km
建水まで1km
建水出口
建水出口
建水バスターミナル
建水バスターミナル
国境から5時間、ようやく建水に到着。
ターミナル前のバス停
ターミナル前のバス停
バイタクがたむろしていたが、バス停を見つけたので、勘でテキトーなバスに乗って、ホステルへ
建水バスターミナル
建水バスターミナル
バス切符
バス切符
河口→蒙自と蒙自→建水。河口からの切符は昨日、一旦中国に出て購入。勝手に保険をつけられてしまった。江蘇省は保険くれと言わないとくれなくなったが、ここ雲南はまだ勝手に保険を付けるようだ。保険いらないって言えば良かった。江蘇省も以前は勝手に1元の保険をつけていたけど・・・
建水ユースホステル
建水ユースホステル
回りは静かでいい感じ
建水ユースホステル
建水ユースホステル
ホステルのフロント
ホステルのフロント
ホステル入口
ホステル入口
以前は第二招待所だったようだ
ホステルそばのボロ商店
ホステルそばのボロ商店
1元グミとドラえもんの5角ガム5個を買って、バス停で食べていたら、近くの車に小学生がめちゃ乗っている!数を数えていたら「ガムちょうだい!」と言うので1個あげたら、飛び上がって喜んだので、残り全部あげた。1台のバンになんと11人も小学生が乗っていた。
建水駅
建水駅
バスターミナルに切符を取りに行った帰り、ほぼ廃線になっている建水駅へ行って撮り鉄。
建水駅構内
建水駅構内
列車が来ないので、地元民が座って雑談している
建水駅構内
建水駅構内
日の入りが近くので、駅まで6元のバイタクを利用。おっちゃんと話ながら駅まで来たが、途中で日本人って言ったのがいけなかったか、ボラれて10元になってしまった
建水駅構内
建水駅構内
建水駅
建水駅
3両過橋米線
3両過橋米線
雲南名物、過橋米線。6元。右の麺をスープにぶっこんで食べる。意外とウマい
いい感じの食堂
いい感じの食堂
米線を食べた食堂
米線を食べた食堂
ユースホステル5人ドミトリー
ユースホステル5人ドミトリー
私以外は、中国人2人、カナダ人1人。彼らと雑談しつつこの先の旅行情報を入手。隣の部屋にはなんとシーサンバンナのホステルの主人が泊まりに来ていてびっくり
GPS高度計
GPS高度計
現在地1326m。こんな高地へくるのは何年ぶりだろう。下は高度グラフ。蒙自の手前50kmぐらいから一気に高度を上げて1717mの峠を越えている

戻る